営業時間・定休日
営業時間

9:00 - 18:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

045-847-1941

 
FAX

045-847-1948

 
住所

〒234-0051

神奈川県横浜市港南区日野5-1-18

スタッフブログ

   
2018/05/06  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 福別府 ともみ
Trail Rated®バッジをつけるには?
福別府 ともみ / フクベップ トモミ
[ショールームアテンダント]
 

こんにちは!
ジープ横浜港南店のスタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます。
ショールームアテンダントの福別府です。


ジープの車はすべて「どこへでも行ける。何でもできる。」をコンセプトにしています。
どんな道でも突き進むことのできるように設計され、作られているのですが、具体的にどんなところがジープのすごいところなのでしょうか。

今回ご紹介するのは、Trail Rated®バッジです。
Trail Ratedは、直訳すると、トレイルの評価となります。
トレイルというのは、登山道などの、いわゆるオフロードのことです。
つまり、Trail Rated®バッジはオフロードでも快適に走ることができる証なんです!


このバッジは、ジープの中でも特に優れた性能を持った車にしかつけることはできません。
レネゲードやラングラーについていますよ!


Trail Rated®バッジをつけるためには、厳しい5つのテストをクリアする必要があります。
まず1つ目のテストは、トラクション。
トラクションは、どんな場所であってもスリップせずに、進むことのできる能力のことです。
雨で濡れた路面や、ぬかるみ、そして雪道などの、スリップしやすい環境でテストが行われます。
このテストをクリアした車は、どんな道でもスリップしない車であると言えるのではないでしょうか。

次のテストは渡河性能です。
その名の通り、川を渡ることができるかどうかのテストです。
川と言っても、深い川を渡れるわけではありません。
過信しすぎて水深の確認もせずに運転しないように気を付けてくださいね。
このテストでは、浅い川や、冠水した地下道を走れるかどうかが問われます。
私も台風のあとに、線路の下をくぐり抜ける地下道が冠水してしまっていて困った経験があります。
そんなときでも、安心して進むことができそうですね!


次のテストは機動性です。
狭い山道には急カーブも多く、運転をするときは緊張してしまいますよね。
しかし、このテストをクリアした車は機動性に優れているので、狭いカーブも難なく進むことができます。
また、緊急事態を回避するためにも、この機動力は役に立ちますよ!


次のテストはアーティキュレーションです。
日本語で言うと、接地性ですね。
4つの車輪で進む車ですが、デコボコした道では、どうしてもタイヤが浮いてしまうこともあります。
そんなときでも、このテストをクリアした車は、問題なく前進してくれますよ。
それもただ前進するだけでなく、あまりガタガタせず、快適に進むことができるんです!


最後のテストは地上高です。
これは、道をふさぐ障害物を乗り越えられるかどうかのテストです。
このテストをクリアしていると、目の前に丸太などが倒れていても、乗り越えて進むことができますよ!


そんな、5つのテストをクリアした車のみがTrail Rated®のバッジをつけることができるんです。
小さくついたこのバッジが、なんだかとてもかっこいい勲章のように見えてきませんか?

 
2018年05月(10件)
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ページ上部に戻る